児童福祉法に基づく 放課後デイサービス♪

子供たちの放課後を豊かにする施設♪それがキッズの森です。
私たちは子供たちの個性を大切します。
ひとり、一人全く違う個性を持つ子供たちの毎日が、いま以上に、楽しく、明るくなるようなサービスを提供します。 土曜日には公共機関を使って、遊園地や水族館、動物園にも出かけます♪
楽しく遊びを取り入れながら、社会のシステムを少しでも学んでもらえるように様々な工夫で療育を行います♪
また学習の部分においても「出来ない」ではなく、「出来る」を信念に少しずつでも前進するよう取り組みます。

当然、ご家族の協力が大切になってきますので、積極的な活動参加をお願いします♪

キッズの森を利用するために
お預かりさせていただくのは、小学1年生〜高校3年生までの知的障がい児童です。
福祉事務所が発行する「受給者証」を持っていればどなたでも利用可能です。
「受給者証」を発行してもらうためには、福祉事務所に相談するか、当方にご相談ください。
キッズの森では、ゆっくり一歩ずつ成長する姿を保護者の方と共に感じられるような施設運営を
目指します♪

キッズの森の療育方針
放課後等デイサービスで明るく楽しく成長するために、
私どもキッズの森の療育方針は集団活動を基本的な療育に取り入れています。
もちろん、各個人の特性などを考え個々の活動も取り入れていますが、
集団活動による社会適応能力の向上に勝るものは無いと考えています。

集団活動の良い点…
将来、社会に出た際、何よりも必要なものは様々な人が渦巻く社会の中に対応していく力です。
我々、健常者であっても現在のストレス社会の中で生きて行くには、それなりの対応力が必要になりますし、様々な考えや個性を持った人がいるという事を理解していなければなりません。

そんな社会の中で、発達障がいや自閉症、あるいはその他の障がいを抱えて生きて行くためには、幼少期から沢山の人々に触れ、多くの特性・個性を持った人と共に活動していく事が大切です。

私どもキッズの森では、年齢や障害の特性などを問わず、小学1年生〜高校3年生までの児童に対し同じ空間で共に理解しないながら成長していく事を基本療育としています。

私どもキッズの森ではこれまでに
支援学級 → 一般学級に編入されたお子様が多数在籍しています。


これらは、集団活動の中で共に刺激を受け合う事での成長と、
集団活動を基本の療育としたうえで個別支援に取り組んでいる賜物だと確信しています。
また何か特別なプログラム(体操や学習、その他)を掲げる必要もないほど、
日々の活動の中でそれを取り入れた療育を行っています。

また、 「ゆっくり一歩ずつ成長する」「叱らない」「怒らない」
「呼び捨てにしない」「個人を尊重する」「個人の特性を理解する」
「強制しない」という これらの考えから、
集団活動に参加出来ない児童に対しては、参加を促すことはあっても強制して参加させることはございませんが、 その結果、ご自宅に戻られてから、「今日は何もしていない」という児童もいるかと存じますが、そんな児童に対してもしっかり個別に対応し、自ら集団活動に参加してもらえるよう促し支援しています。

更に、私どもキッズの森のTwitterをご覧いただければ日々の活動を閲覧することがかのうですので、ご確認くださいませ。

キッズの森(NPO法人あいある)の今後の活動♪
児童の時だけでなく、将来に渡りここで過ごした子ども達を見守っていきたく考えています。
なので、今後の活動としては保護者の方が安心して齢を重ねられるような施設の運営、作業所・グループホームの開所など、様々な形で、知的なハンデを抱える子どもたちの未来をサポートさせていただきたく考えている所存です ♪


放課後デイサービス お問い合わせ
その他のメニュー その他のメニュー 毎日を笑顔に変えるお手伝い

キッズの森 児童募集

キッズの森 施設案内

NPO法人あいある 【キッズの森】
〒121-0064
東京都足立区保木間2-2-1 1F
TEL:03-5831-8091
FAX:03-5831-8092