談支援事業とは

障がいのある人の自立した日常生活及び社会生活を支援するために、以下のような相談支援事業を実施しています。
1.障害福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障害児相談支援)
2.就労や就労移行に向けた計画相談(就労移行・就労継続支援)
3.一般的な相談をしたい場合(障がい者相談支援事業)


●障害福祉サービス等の利用計画の作成とは?(計画相談支援・障害児相談支援)
障害福祉サービスを利用する障がい者や障がい児の、自立した生活を支えるために、生活の中で解決すべき課題や支援の方法を具体的にプラン化して、 適切なサービス利用と効果的な問題解決につなげるために作成されるものです。

相談支援事業内容

サービス利用支援
障害児支援利用援助
障害福祉サービスや障害児通所支援の申請に係る支給決定前に、サービス利用計画案を作成し、支給決定後に、サービス事業者等との連絡調整等を行うとともに、サービス利用計画の作成を行います。 【継続サービス利用支援・継続障害児支援利用援助】 支給決定されたサービス等の利用状況の検証(モニタリング)を行い、サービス事業者等との連絡調整などを行います。
対象者 【障害者総合支援法の計画相談支援の対象者】
〇障害福祉サービスを申請した障がい者又は障がい児で、区がサービス等利用計画案の提出を求めた方
〇地域相談支援を申請した障がい者で、区がサービス等利用計画案の提出を求めた方
〇介護保険制度のサービスを利用している場合は、障害福祉サービス固有の行動援護、同行援護、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援等を利用されている方のうち、区が必要と認める方
【児童福祉法の障害児相談支援の対象者】
〇障害児通所支援を申請した障がい児で、区が障害児支援利用計画案の提出を求めた方
費用 基本的に利用者負担はありませんが、当方への出張などが必要な場合には実費が必要になる場合がございます。(交通費としての実費請求)
お問い合わせ・ご相談 お電話かメールでご相談ください。

TEL 03-6687-7535 メールでのお問い合わせはこちら

●短入所施設とは

すもショートステイは、福祉型短期入所施設です。
自宅で生活されている障がい者(児)等の方を介護・介助されている方が、疾病やその他の理由により一時的に支援が出来なくなってしまった場合に、 短期間入所施設を利用し、入浴や、排せつや、食事などの介助やその他の必要な支援をさせていただきます。

また、このサービスは介助者にとってのレスパイトサービス※(休息)としての役割も担っていますので、介助に疲弊されてしまった方、一時的な休息を必要とする場合など、 あらゆる場面でご利用いただく事が可能です。

あすもショートステイご利用方法

利用を希望する方 先ずはお電話かメールにてお問い合わせください。
定員 定員は2名となります。
所在地 埼玉県川口市弥平
見学の方のご利用も可能ですので、お問い合わせください。(グループホーム内に併用)
ご契約 施設をご見学後、ご利用を希望される場合にご契約となります。
毎月の費用 福祉サービスの受給者証に記載されている上限額に加え、1日1000円(朝・夕食/光熱費等込み)が必要になります。
お問い合わせ・ご相談 詳細をご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。
限られた定員数になっておりますので、ご希望に添えない場合がございます。
TEL 03-5831-8091 メールでのお問い合わせ info@iaru.or.jp

●グループームとは

2020年7月オープン予定!

障害者総合支援法の「障害福祉サービス」の一つで、知的・精神障がいの方々が、入所施設あるいは家庭から離れ、地域の中で様々な人たちと交流しながら小集団で暮らす住居のことです。
サビ管や世話人、生活支援といった専門スタッフがおり、その人に必要な生活上の支援を受けながら健常者の方々と同じように日常生活を送ります。

支援を受けながら日常生活を送るという形になりますので、日中はお仕事に従事したり、作業所に通いながら自分で出来ることは自分で行うという自立した共同生活となります。
私ども「グループホームあすも」では、家庭的な雰囲気の中、利用者が安心して暮らせる環境を整え、将来に渡り「衣食住」を伴にしていただけるようなサービスを心がけています。

グループホームあすもご利用方法

利用を希望する方 先ずはお電話かメールにてお問い合わせください。
定員 現在1棟のグループホームを準備中で、定員は4~6名となる見通しです。
お部屋は6畳ほどで大きなクローゼットも完備され、もちろんプライバシー保護のため、各部屋に鍵が付いています。
所在地 埼玉県川口市弥平
見学の方のご利用も可能ですので、お問い合わせください。
ご契約 施設をご見学後、ご利用を希望される場合にご契約となります。
毎月の費用 20歳以上の方の自己負担額はご本人の受給者証に記載されている上限額となりますので、実質0円の方が多くなるかと思います。
20歳未満の方に関しては、家庭の収入などにもよりますので、難しい問題ですが、グループホームにて食費、光熱費等の負担が厳しい場合など、補足給付制度がございますので、一度、福祉事務所にご相談ください。
●住居、食費(朝食と夕食)or(1日3食)、光熱費、その他の設備等込み 月額 80,000円
お問い合わせ・ご相談 詳細をご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。
限られた定員数になっておりますので、ご希望に添えない場合がございます。
TEL 03-5831-8091 メールでのお問い合わせ info@iaru.or.jp